映画「おとうと」

観てきました

寅さんですな

といっても鶴瓶扮する厄介者の役

つまり吉永小百合のおとうと鉄郎は

病気で死んでしまいましたから

シリーズにはなりませんな

叔父の鶴瓶に医師との結婚式をぶち壊しにされた姪の蒼井優(吉永の娘)は

結局、地元の大工加瀬亮と再婚する

一度目の結婚は背伸びした結婚だったが

身の丈に合った結婚がいいんだよという意味か

性格をよくみて相手を選べということなのかな?

おとうとはそれもわかってぶち壊したのかもしれない

吉永のところへ客が訪ねてきた

弟鉄郎に130万を貸したが返してもらえない

お姉さん返してもらわれへんやろかと泣きついてきた女キムラ緑子に

吉永が自分の郵便貯金を下ろして返す

そのあと

なんで女に130万という金を渡したのや

あほやな姉ちゃんと鉄郎が言うと

吉永が怒って口を利かない

なんぼかわいい弟が広告の裏に書いた借用書を女が持ってきたかて

私やったら返さへんのにな!

こんな行き違いも寅さんそっくりやな!

現実にはありえへん

山田組の映画に必ずと言っていいほど出演する笹野高史、小林念侍などが脇を固めていた

鶴瓶扮する鉄ちゃんが最期に息を引き取るみどりの家の館長に小日向文世

そうそうスマップ中居正広君も出ていた
友情出演かな?

私の知っている俳優が随分出演していた
a0048609_16391479.jpg

[PR]
Commented by ハリー東森 at 2010-03-24 21:40 x
揚げ足を取るようで恐縮ですが、okanatsunohahaさん 名優が随分出演していたそうですが、名優はそんなにたくさんおりません。おそらく、有名俳優、ベテラン俳優のつもりで使われたと推測しました。後は私のボヤキです。
この作品にいわゆる“名優”は出ていないと私は思います。吉永小百合は有名女優ですが名優とは思えない。まぁ“名優”とはなんぞやという定義も必要ですが・・・。
邦画に対してだんだん腹が立ってきたついでに、さらに、鶴瓶は落語家です。落語は若いときからうまい。映画にも出る落語家です。さらに、中居正広はテレビタレントです。映画にも出るタレントです。唄もヘタだがダイコン。
本当の映画俳優不在(少ない)の邦画界。テレビとイケイケの邦画界。わざわざ映画館に足を運びたくなるような邦画が少ないのが淋しいです。
Commented by spremuta-arancia at 2010-03-25 07:19
ハリー東森様!
コメントありがとうございます。
私も中居君は巧くないと思います。
名優の件は訂正しました。
Commented by ハリー東森 at 2010-03-25 23:26 x
okanatsunohahaさん 映画(や音楽)の話となると、どうもリキが入りすぎてしまい、気分を害されたと思います。申し訳ありません。
言い訳になってしまいますが、私は吉永小百合も鶴瓶も中居正広もけっして嫌いではありません。念のため。
Commented by spremuta-arancia at 2010-03-28 07:41
私はハリウッド映画より邦画が好きです。
「沈まぬ太陽」も観たいと思っています。
Commented by kurabou at 2010-03-28 21:37 x
関係ない話ですが、日本の戦争映画は下手すぎます。
銃に撃たれて死ぬときが大げさすぎます。
パタと倒れるだけでよいのです。
「坂の上の雲」の将来をとても心配しています。
Commented by spremuta-arancia at 2010-03-28 22:20
「坂の上の雲」
私は最近のNHKが別の意味で心配です。
Commented by ノリちゃん at 2010-03-29 22:21 x
日活のころより小百合さんを見て来ましたが、どんな役を演じても小百合さんそのものなのです。
嫌いではないけどなんだかなあ?
Commented by spremuta-arancia at 2010-04-01 21:41
>どんな役を演じても小百合さんそのものなのです。
ノリちゃん!私もそれは感じた!
by spremuta-arancia | 2010-03-23 14:47 | TV等娯楽 | Comments(8)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧