愚陀佛庵

a0048609_17323693.jpg
漱石の下宿全壊=子規が同居、大雨で裏山崩れ―松山

12日午前7時半ごろ、松山市一番町の「愚陀佛庵」で裏山が崩れ、木造2階建ての建物が全壊した。
愚陀佛庵は夏目漱石と正岡子規が一時同居した建物で、愛媛県が1982年に復元した。
けが人はなかった。
 県教育委員会などによると、1895年夏から秋にかけての52日間、漱石が下宿していた愚陀佛庵に子規が居候したことをきっかけに、漱石も俳句を始めたとされる。
松山城のふもとに復元された後は、俳句の愛好家らによる句会が開かれていた。
 松山市では同日午前6時半から7時半までに34.5ミリの雨が降り、大雨洪水警報が出ていた。


4年前に娘と行きました

俳句を詠んで

お茶を頂きました
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-07-12 16:35 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧