人生80歳定年制

お年寄りを在宅であれ施設であれ介護されている方のblogを読むと
大変な思いをしているのは私だけじゃないんだ
と慰められたり元気付けられたりしていました

わあぁ全く同じだとか
そんなのまだまだよとか
思い当たることが多くあって
同感同情同調することしきりであります

私の場合は
母が亡くなってから8年半になりますが
母が亡くなってすぐの2年間は
父親の家へ毎日通って食事を作っていました
肉体的にも精神的にもきつかった

その後、姉のいる千葉に3年間いて

また千葉から戻ってからは施設に入った
訪ねて行くと不平不満ばかり
入居して3年間はとても精神的にきつかった

ここ半年はボッケボケになったので
今は随分楽になりました

大変そうな方のblogを読むたびに
ずっと永くは続かないよ
今きつくてもいつかは終わるよ
頑張れと心の中で応援しています

しかし、日本はこれからも高齢化社会が続くし
認知症の患者はもっと増えるだろう

私たち団塊の世代が一度にどっと認知症になったら
大変な思いをする若い人がもっと増えるかもしれないなんて思うと
ぞっとする

なので私は人生80歳定年制を提唱します

ここまで生きたらもういいです
おさらばさせてください

という方策はないものだろうか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-08-01 11:27 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧