高齢者の行方不明

マスメディアなどは、老人性善説を取っている

100歳過ぎた親が行方が知れないなんて

親子関係はどうなっているのか?

という点ばかりに焦点をあててニュースを作っている

年寄りだって昔、長年子どもに虐待していたかもしれない

※ちょっと兄貴の味方をしすぎた

だからといって

届けも出さずに葬儀もせず年金を不正受給していてはいけない

どんな親でも親は親

兄貴は看たくないと言って拒否をしているので

私と姉は交代で面倒を看ている

じいが姉のところにいたとき

姉は仕事なので昼間一人で留守番をしているのが嫌だと

名古屋へ一刻も早く帰せと言ってこちらへ来たのに

施設に入ったら入ったで

誰もちやほやしてくれないし満足できないものだから

すぐ姉のところへ帰りたいと言い出した

私に対して、お前は身元引受人を辞めてくれ

姉に対して、お前の妹はワシの言うことを何一つ聞かない

とんでもない娘だと悪口雑言言いたい放題

じいが認知症だとわかっていても

私はストレスで体がおかしくなってしまった

長寿社会って必ずしもいいことばかりじゃないと思う

我儘ばかり言って家族を困らせる年寄りも多いのです

認知症の親を抱えて苦労をしていた家族が

老人が徘徊して出て行ったり

気の合わない親が出て行ったのをいいことに

行方を捜さずに現在に至っている人も多いのかもしれない

親を看ないのは親不孝な子どもだという表面だけで

正義の味方のような顔で報道するマスメデイアには大いに疑問を覚えます
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-08-10 17:29 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧