母の誕生日

8/6姉たち家族と一緒にじいの施設へ行って以来、訪ねていない
結婚式のあと疲れたのと暑いのと
姉の名前は言ったのに
毎週訪ねている私の名前が出なかったこと…
認知症だから仕方ないとはわかっているけど

今日は8年6ヶ月前に亡くなった母の誕生日だ
夏の夜寝る時に扇風機をつけたまま寝ていたら母に切られた
窓を開けたままにしても閉められた
昔はこんなに暑くなかったのだろうか?
この暑さは尋常じゃない
今、母が存命ならば扇風機つけたままでもいいと言うかもしれない

じいより1歳上のお爺さんが我が住宅に一人暮らし
杖ついて歩けるし、頭もまだしっかりしている
娘さん家族は近くに住んでいる
8/17に熱中症になったらしく救急車で搬送され、そのまま亡くなった
救急車を自分で呼んだのか娘さんも一緒に居たのかわからない
お年寄りの一人暮らしも危ない

熱中症で亡くなるお年寄りはなぜか部屋を締め切っている
お年寄りが熱中症になるのは暑さ寒さがわからないからだろうか?

4年前、じいが姉の家に居た時は
姉が仕事へ行く前に
午後1時から冷房が入るようタイマーをかけて出かけたって
じいも麦茶を始終飲んでいたって
姉たち家族が電気代を負担する時は遠慮なく冷房をかけていたんだ

笑える

こっちの施設では部屋ごとに使用電力量が違うので個人で代金を負担する
まだ頭が働いてた入所したばかりの頃
じいは普段は部屋に鍵をかけて締め切っていたくせに
真夏だけは自分の部屋の冷房しないで
戸を開け放って廊下の冷気を入れていたっけ(笑)

訪ねていった時
真夏や真冬にエアコンをつけようとすると
勝手に触るなって怒ったっけ

今は動けないので
スイッチのONOFFや温度調節もヘルパーさんがしてくれる
[PR]
by spremuta-arancia | 2010-08-22 16:22 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧