静脈ポート

中心静脈カテーテルと心臓近くの皮下に埋め込んだポートという器具を連結させ
中心静脈へ栄養や薬剤を注入できる点滴システム
この「静脈ポート」ができるかどうかの診察
昨日朝から病院へ行ったがお昼時になってもまだ呼ばれない
昼食に行っている時、
呼ばれたら診察してもらえないといけないと思い
“ゴーゴー”寝ているじいのベッドの横で
ひたすらアイポッドの音楽を聞きながら本を読んで
待つこと5時間以上
午後2時45分
ようやく呼ばれた
朝から外来患者でいっぱいで
入院患者は2時過ぎに漸く診てもらえるようだ
寝たきりのじいはてっきりストレッチャーで行くのかと思いきや
頭まで支える背もたれの付いた車椅子に乗せられて移動
足がずいぶん細くなっていた

結論
静脈ポートができることになった
来週24日(月)に局所麻酔で手術
時間は1時間前後

今日の受診科は放射線科
兄貴の長男はK市民病院の放射線技師だから
少しは静脈ポートのことは知っているだろうか?

療養型病院への転院とか
じいの入居施設の引き払いとか
やることがいっぱい
頭が飽和状態
[PR]
Commented by さくら at 2011-01-20 15:09 x
いろいろたいへんですね。

私はいろうより、静脈ポートのほうがいいかなと思うけど。
施設を出なきゃいけないのはまた違う問題ですね。

引越しは本当にたいへんですね。
うちもジジが4箇所動いたので荷物の運びが大変でした。


たいへんだけど。。

がんばってね。
Commented by ノリちゃん at 2011-01-20 17:54 x
この寒い中、大変ですね。
なんにもお手伝いできないけど、ご自分のお体大切にね。
事務的にやることがたくさんあるとおもうけど、がんばれ!!
Commented by spremuta-arancia at 2011-01-21 05:07
さくら様!コメントありがとうございます。
医療的なこと、よくご存知ですね。
静脈ポートなんて初めて知りました。
一昨年から何度も大学病院へ来たり、昨年亡くなった義母の病院へ行ったりで、入院患者に対する経管栄養、
鼻管栄養や胃ろうも知りました。
義母は亡くなるまで末梢静脈への点滴もされていました。
これを全て延命措置と言うのか?
難しいところですね。
父も義母も自分から言葉を発することはなくても、呼びかけに反応しますからね。
苦しまないで穏やかに人生の最期が迎えられたらと思っています。
Commented by spremuta-arancia at 2011-01-21 17:43
ノリちゃん!
コメントありがとうございます。
私もノリちゃんみたくあちこち行きた~い。
寒いけど風邪をひいてはいられません。
張り切って頑張ります。
by spremuta-arancia | 2011-01-20 05:48 | じい関連 | Comments(4)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧