市バスに乗って

知らない場所へ行くとき

目的地に何時には到着したい

と検索してから

家を出る時間を決める

今日はバスを2回乗り継いで行った

最寄りの市バス停留所から

終点まで行った

そこから

始発ではなく

別の所から来るバスを待った

なかなか来なくて5分ほど遅れてやっと来た

その後も渋滞に巻き込まれた

やばい

焦った

しかも目的地のひとつ前の停留所で

足の悪いおばあさんが運転手に自分の行き着きたい場所について質問した

運転手は

このバスは行かない

そこへ行くのには

何番乗り場の何処行きに乗るといいと答えた

それでもおばあさんは引き下がらない

あと何十分も待たないと来ないので

このバスがもう少し先まで行ってくれたらいいのにと運転手に抗議する

抗議する相手が違う

運転手は丁寧に応対をして

中々出発しない

私は益々焦った

他の乗客も口々に文句を言い始めた

車内の雰囲気が悪くなった

このままじゃ危ないと思った時

運転手はようやく

発車時間です

ドアを閉めますから下がってください

とやんわり言って事なきを得た

心配したとおり

私は目標より10分遅刻した
[PR]
Commented by kurabou at 2013-12-04 21:37 x
大変でしたね、お気持ちはよく分かります。
私も毎月一回京都へ高速バスで行きますが、高速バスは時間の遅れを取り戻すという発想はありません。多分安全運転のための規則なのでしょう。
途中から乗ってくる人も、運転手に値段を聞いてから鞄の中から財布を出す人もいます。最初から財布を持って準備していてほしいのですが。
しかし件のおばあさんですが、年を取ると周りの空気など気にしなくなる人が多いですね。
Commented by spremuta-arancia at 2013-12-04 23:24
kurabou様!コメありがとう。守山区へ行ったのです。地下鉄が、走ってないので行きにくいですね。検索したとき20
分早いのがあったのに、ギリギリのを選んだ自分に非がある。と反省しています。
by spremuta-arancia | 2013-12-02 22:21 | 日常 | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧