遊び過ぎ(2)

翌日は歌舞伎

その前に山種美術館

所蔵する絵画の中で

可愛い

小動物、子供などをテーマに展示してありました

伊藤若冲といえば

色鮮やかな

鶏の絵が思い浮かべますが

今回は珍しく

列を為す托鉢僧の絵を見た

実に可愛らしい絵でした


午後は歌舞伎座夜の部

仮名手本忠臣蔵の

山科閑居の場

加古川本蔵が妻女

戸無瀬の役は

今のところは

山城屋さん坂田藤十郎をおいて

ほかに、演じきれる役者は思い当たりません

この場は

筋にはあまり関係ないので

この場面だけ

独立して演じられることが多いのだけど

やっぱり見ておかないといけない

お芝居でした

とてもよかったです


さて

3月の歌舞伎座は菊之助くんの

実父と岳父が競演

身代り座禅

勧進帳

かたや

当の菊之助くんは

京都南座では

切られ与三郎を演る

さて困った
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-01-29 06:30 | 文化芸術 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧