関東地方城廻りの旅①

浅草から

東武伊勢崎線「りょうもう号」に乗って

太田市の新田金山城

「りょうもう」はカラガラ

日光、鬼怒川へ行く「スペーシア」は満席との看板

夫が、名前がまずいんじゃないの?と言うが行き先の問題

我々これから山城に登城いたす

湯治とは訳が違う

まず太田市駅からタクシーに乗ってガイダンスセンターに向かう

タクシーの運ちゃんはタクシードライバーになって1年半になるが

行ったことがないので

地図を見せてくださいと言った

実際着いてみると

あぁ前に1度来ていますわと言っていた

それほど訪れる人は少ないが

立派なガイダンスセンター

建築は有名な設計者

隈研吾氏による設計

歴史資料館という位置付けのみでなく

地域交流センターで研修会や会議も広い部屋もある

もっと宣伝すればいいのに

a0048609_6511630.jpg

中々の遺構です

室町時代・安土桃山時代

1469年(文明元年) 新田一族であった岩松家純によって築城される

以降、1528年(享禄元年)に由良成繁・国繁親子

1584年(天正12年)には北条氏

と主は変わった

上杉謙信の攻撃を退けるなど、関東七名城の一つとされる

1590年(天正18年) 豊臣秀吉の小田原征伐の際攻撃を受けて落城のち廃城となった

標高280米

かなりの山城

もう、これはハイキングである
[PR]
by spremuta-arancia | 2014-03-30 06:51 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧