ウフィツィ美術館

11/21
08:30ポートメッセで一仕事

10:30終了

11:27のひかりに飛び乗り

東京上野の都美術館へ
a0048609_5264663.jpg

「パラスとケンタウロス」

以前1999イタリアへ行き

フィレンツェで

本場のウフィツィ美術館へ 行った

ボッティチェリの「春」や「ビーナスの誕生」を

観たのは覚えている

ツアーで次から次へ流れるように観たので印象は薄かった

勿体なかった

フィレンツェに長く続いた名家

メディチ家のオフィス「ウフィツィ」を美術館として

収集した絵画を展示したもの

音声ガイドも最近は便利になった

首から下げた機器の番号を押すのではなく

音声ガイドが付いているパンフレット(の絵の写真)を

機器の先端部でタッチするだけでよい
[PR]
Commented by desire_san at 2014-12-06 16:24
こんにちは。
私もウフィツィ美術館をみてきましたので、興味深く読ませていただきました。
一部の作品を除くと普段はお蔵入りして後悔していない作品がほとんどだそうですが、それだけでもこれだけの充実した美術展になるウフィツィ美術館の所蔵品のレベルの高さは驚くばかりです。数々の珍しい作品に眼を奪われました。
私もこの美術展でボッティチェリの初期から晩年までの作品を見て、画風の変遷と彼の作品の魅力を整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ブログにご感想などコメントをいただけると感謝致します。
by spremuta-arancia | 2014-11-23 07:34 | 旅行 | Comments(1)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧