上毛

手話のDVDを見た

いくつかの地名が出てくる

ほとんど読み取れない

内容は何箇所かの地区をまとめて

聴覚障害者団体を立ち上げる

という話だった

前橋、石川(ではなく渋川であった)沼田がわかった

ほかはわからなかった

地区は北+(髪の毛をさわった)地区

ヒント(北毛だそうだ)

ああ群馬だ

群馬のことを上毛という

群馬北部の地区を北毛というのかな?

でも、なぜ毛なのだろう?

栃木は下野(しもつけ)と言う

なぜ群馬を上毛というのか?との疑問がわいた

興味があるので調べてみた


群馬の旧国名は“上野国(こうずけのくに)”である
上野国にも群馬県にも“毛”の字なんてつかない

古代からの歴史ある“上毛”の呼称

「上毛という表現は既に古代の土器にも見ることができます。
当時から地元ではこの地域のことを“上毛”と言っていたのかもしれません」。
お話してくれたのは群馬県立歴史博物館のスタッフ。

平安時代には陸奧を統治する機関として、
坂上田村麻呂により造られた胆沢(いさわ)城跡(岩手県水沢市)でも、墨で“上毛”と書いた資料がある。
それが現在の群馬のあたりを指すかは定かではないものの、上毛という言い方は確かにあったようだ。

もともと群馬県は古墳時代、上毛野とも呼ばれていたという。
それが大宝4年(704)に「国名を2文字とする」と定められたとき、“毛”の文字が抜けて“上野”とされたよう。
しかし、地元では「毛」という文字に愛着があったのか、古代より上毛と呼ばれていた可能性は高い。

ここで疑問。
上毛野があるならば下毛野もないとおかしい。
そう思って調べたところ、現在の栃木県あたりを古墳時代に下毛野と呼んだことが分かった。
つまり、北関東一帯を毛野国と呼んでいたようだ。
下毛野は律令制以降には下野国と呼ぶようになり、現在、栃木県には下野新聞があったりもする。

ちなみに現在、JR両毛線があり、東武線に「両毛号」という特急があるが、
その両毛とは上毛野と下毛野の両方の地域を併せて指す言葉。
実際に両毛号は栃木と群馬を走っているのだ



[PR]
by spremuta-arancia | 2015-11-04 16:38 | 日本史 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧