映画「海難1890」を観て来ました

1890年オスマン帝国は大日本帝国への親善使節団を派遣することになり

600名の軍人がエルトゥールル号に乗り込み出航した

トルコの海軍が明治天皇を表敬訪問しての帰途

老朽化の進むエルトゥールル号和歌山県沖で台風のしけに遭い

座礁

乗組員の90パーセントが死亡した

生き残った乗組員を

漁民が不眠不休で

献身的に助けた

その後

1985年イラン・イラク戦争が勃発

イランのテヘランにはイラク軍のミサイル攻撃が行われ

人々は攻撃から逃れようと地下壕に避難する

サダム・フセインはテレビで「48時間後にイラン上空を飛行する飛行機を無差別攻撃する」と声明を出す

日本航空が「空路の安全が保障されない」という理由で

自衛隊が「国会の承認に時間が掛かる」という理由で

救援に来られない

他国の航空会社は自国民の救助を優先する

日本人だけが戦場に取り残されてしまう

日本大使野村からの要請を受けたトルコ政府閣僚たちは

95年前の日本人への恩を返すべく

首相のトゥルグト・オザルは要請を受け入れ

日本人救助のための救援機を手配する

という実話を映画化したもの

和歌山県でロケをしたものらしい

嵐の場面はCGだと思うが

実際

トルコ人の俳優が和歌山県へ来て撮影をした


映画館は平日のせいか年寄りばかりだった

判り易いいい映画で感動した


私も2年前にトルコへ行ったが

トルコの人は親日の人が多かったのは

そういうことがあったからか
[PR]
by spremuta-arancia | 2015-12-16 17:12 | TV等娯楽 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧