霧山城

2月11日 快晴

霧山城

息子が運転して

夫と3人の旅行

霧山城(多気城)は伊勢の戦国大名だった北畠氏の本拠地

伊勢と大和を結ぶ街道沿いに位置する山城

北畠氏は霧山城を拠点に9代 渡り繁栄する

1569年に織田信長の侵攻により開城

信長は次男の信雄(のぶかつ)を北畠氏に養子として送り込み

北畠一族を暗殺するという方法で北畠家を乗っ取った

現在は山麓の館跡に北畠神社が建ち武家庭園がある

その遥か山上には土塁と堀切で守られた中世山城の遺構がある

登城はまるで登山のよう

標高620メートル

しかも

真っ直ぐ見上げるほどの階段

登れる様に整備されているが

かなりの山道

自分でもよく登ったなと思う

このあと

息子の運転で松阪まで山道(これが国道?)を走る

対向車とすれ違えないほど

どちらかが道を譲らなければならない

酷道である

松阪の近くの大河内(おかわちと読む)城に到着

ここも北畠の城である

霧山城が落城後

こちらに来たが

結局

北畠は織田に滅ぼされた

まさに下克上
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-03-01 16:57 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧