関が原

JR垂井駅で下車

関が原の西軍

毛利の陣跡

南宮山に登って来ました

まず南宮大社に参って

そこから続くハイキングコースに入りました

う~んかなり厳しい

一応ハイキングコースなので

整備はしてありますが

石ころがごろごろあります

登り始めから

途中休憩を入れて

約1時間

やっと

毛利秀元が陣を張った場所に

行きつきました

ここからはたして

関が原は見えたでしょうか?

いや見えなかったと思います

では何故このような離れた南宮山

しかもこんな山の上に

陣を張ったのでしょうか?


毛利方安国寺恵瓊もハイキングコースの出発点辺りに陣を張りました

彼は毛利一族の中で

秀吉と隆景との間を連絡する活動を行っていた

ところが

小早川氏と並ぶ毛利氏の支柱であった吉川広家と対立した

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは

懇意であった石田三成と通じて西軍に与し

毛利一族の当主・毛利輝元を西軍の総大将として担ぎ出すことに成功したが

総大将毛利輝元は大坂城から一歩も動かなかった

戦をする気はなかったのだろう

結局吉川広家と小早川秀秋は徳川方に与し

西軍は負け

安国寺恵瓊は石田三成と一緒に討たれて果てました

ところで

大きな功績を上げなかった毛利は

論功交渉はないどころか

防長二州に追い込まれて

江戸時代をその恨みだけに200有余年過ごし

結局明治維新でその恨みを果たしたのでありましょう


関が原はやはり

いろいろ思いを馳せることのできる面白い場所であります
[PR]
by spremuta-arancia | 2016-04-06 18:59 | 日本史 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧