PS北海道から青森の旅

4月

姉のご主人がくも膜下出血で

倒れた

お見舞いに行かせて

と前から言っていたけど

お兄さんのあまりの変わり様を

私に見せたくないとの

姉の気持ちで

今日まで延び延びになっていた

今回は夫も一緒ということなので

やっと

姉も許可してくれた

姉が心配したように

お兄さんはすっかり痩せてしまって

以前の面影はない

リハビリして歩けるようになったが

トイレも着替えも自分でできない

勿論

私たちのこともわからない

会話も成立しない

ただ

いつも優しくおおらかなところはそのままだ

見当識障害

せん妄

があって

友人と会社を起こすとか

選挙に出るとか

健康な時には

全く言わなかったこと

聞いたこともない人の名前

を言うらしい

質問に対してとんちんかんな答えをする

今日は言語聴覚士のリハビリに一緒に参加した

私たちのことを

姉が妹夫婦と紹介してくれた

ヘエ

いつ結婚したの?

って聞かれて

思わずいつだっけ?と夫を振り向いてしまった

適当に答えておけばよかったか

行ったこともない場所も

さも行ってきたかのように

話をする

姉に柔道でこっぴどく投げられたと言っていたが

柔道をしたことはない

本人は剣道7段の猛者で

倒れたのは剣道の指導の最中だったらしい

最早好きな剣道もできない

姉も相当参っているようだ

命が助かって良かった







[PR]
by spremuta-arancia | 2017-07-06 22:19 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧