成人式

以前、学区の子ども会長をしていた時、地域の区政協力委員にもなっていたので、自動的にその年度の成人式実行委員になりました。

学区単位で小学校体育館で成人式をしました。

地域の人たちが手作りでお祝いをしました。

新成人のお母さん方や婦人会の奥さん方がサンドイッチやおにぎりやケーキなどを手作り。

おじさんたちはクス玉などを手作り。

当日は早朝に小学校へ集合。

coffeeがいいか紅茶がいいかを聞いて、新成人一人一人にサービスしました。

小中学校時代の懐かしい友達に会った彼等たちは大人たちには目もくれず、おしゃべりに夢中。

お母さんたちは成人を迎える自分たちの子どもを祝ってあげるので嬉しそう。

地域の大人たちは家でも特にやることがないのか、結構楽しそう。

幼い子どもたちを家へ置いて出て来ている私は何だか面白くありませんでした。

「こんなん、おじさんやおばさんの自己満足ちゃうのん」

それから10数年経ちました。

地域の成人式は旧態依然です。

その間に我が家の子どもたちも成人しましたが3人とも、テスト中だったり、病気になったりで都合が悪く成人式には不参加でした。(私が根にもって参加させなかったのではありませんよ)

今年は「東京ディズニーーランド」での浦安市の成人式に朝日新聞が噛み付いたらしいですが、広い場所に集めて大きな組織が祝ってあげる方がよっぽどいいワと思っています。

昔ならいざ知らず、殆ど親掛かりで成長したであろう20歳やそこらの若者が、今日からは大人なんだから、地に足の突いた生活をしなさいと言われても土台無理な話だと思いますよ。

大人にも責任があるのじゃないでしょうか?

そういえばわが娘は着物を買うとか、借りるとかのお金があるなら私にちょうだいなんて言っていましたっけ。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-01-17 10:47 | 教育 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧