フイギュアスケート

ちょっと古いがトリノ五輪のフイギュアスケート。

未明に起きて、一人見ていた。

私が注目をしたのは、実は荒川静香さんの演技ではなくて、村主章枝さんの演技だった。

アクトレスと言われるだけあって、彼女には独特の世界がある。

SPで3位につけていた荒川静香さんは、間違いなくメダルに届くと確信があった。

荒川静香さんが金メダルをとって本当によかった。輝いていた。

私の関心の先は村主章枝さんの演技だった。

素晴らしい演技だった。

終わったあと思わず拍手をした。

思わず落涙した。

解説者に言わせると、ジャンプの回転が足りない。

レベル4に当たる業を他の選手に比べると、足りないとかで、点数が出なかった。

彼女だけは別の世界にいた。

トリノでかけられた魔法がバンクーバーでとける。

是非バンクーバーでもまた彼女独特の世界に魅きこまれたい。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-03-09 17:54 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧