一人はみんなのために

チームに対する忠誠心。

現在仕事をしている団体に対する忠誠心。

昔OLをしていた当時の会社は、家族ぐるみで運動会、球技大会、観劇会、盆踊り大会などがありました。

零細企業じゃありません。一流企業です。

終身雇用、年功序列を絵に書いたような給与体系。

ひとたび入社すれば定年退職するまで家族の面倒は会社がみてくれるというような時代でした。

そんな昔を懐かしむ訳ではありません。

時は変わりました。

現在はステップアップするための踏み台だけのような気がします。

スポーツにおいてもそれが言えます。

特に、サッカー。

身を立て名を上げ、チームを変わる。

名を上げて、価値を高めて、より強いチームや、より有名なチームに移籍する。

チームに対する忠誠心は?

なんていうのは古いんでしょうか?

その疑問は宿題にしましょう。

今回、WBCを観ました。

昨日までは敵味方だったスポーツマンが目前の目的に向かって一つにまとまることを。

その素晴らしさを感じました。

感動をありがとう。
[PR]
Commented by mew-run7 at 2006-03-29 00:17
こんばんは。先日は、ブログへのコメントを有難うございます。

私も今のサッカーのように、立身出世(?)でどんどんチームを変わっ
たり、レンタル移籍で半年だけ他のチームに移ったりなどというシステム
についていけないところがあります。
最近はプロ野球も以前より移動が激しくて、誰がどこにいるのかきちんと
把握できていません。^^;

もうサッカーは、まずは個人ありきなのでしょうね。
個人が確立していれば、あとはその時のチームに合わせて、それなりの
力を発揮すればよいという感覚なのではないかと思います。
結果を出すことが、フォア・ザ・チームなのかも知れません。

3月分の他の投稿も拝見しました。私も認知症になった祖母の介護を
していたことがあるので、その大変さはわかります。病院で何度も
ものが盗られた騒ぎを起こして、周囲に迷惑をかけて困りました。
<困るなどという生易しい心境ではなかったのですが。>
少し前に他界しましたが、ずっと重い鉄兜をかぶせられているような
感じがあったように思います。自分の心身も大事ですので、うまく
ストレス解消して頑張って下さいね。(~~)
Commented by spremuta-arancia at 2006-04-11 12:18
mew-run7 さま。コメントありがとうございます。
父は今もまだまだ元気で勢いは衰えるところを知りません。
ぼちぼちやるしかないですね。
by spremuta-arancia | 2006-03-22 17:46 | スポーツ | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧