愚陀仏庵

松山城の麓にあります。

夏目漱石の下宿に、日清戦争に記者として従軍していたが途中で吐血し、やむなく船を下りた正岡子規が転がり込んで52日間いっしょに過ごしたという。

茶室があったのでお邪魔しましたが、抹茶じゃなく玉露でした。

お茶席は土・日・祝日だけですって。

そこで、色紙に俳句を書くようにと勧められましたが、

咄嗟にオリジナルの俳句は作れませんでした。

松山市内にたくさんある句碑の中から選んだ一句を書いて出しました。

すると茶室の主らしきご婦人に「色紙の無駄」と言われてしまいました。

確かに『おっしゃるとおり』です。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-06-13 11:27 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧