三河本広寺

形原の里の近くにあじさいで有名な寺がありました。

幸田町大字深溝(ふこうず)にあり、正式名称は曹洞宗瑞雲山本光寺といいいます。

開基は三河十四松平の一つ、深溝松平の初代となる松平忠定公。

深溝松平家の祈願所・菩提所として大永3年(1523年)に建立されました。
a0048609_16484815.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2006-06-21 16:46 | 日本史 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧