久美とヒデ

前から思っていました。

中田(久美)と中田(ヒデ)

似ている。

二人の共通点。

若い時からナショナルチームに入った。

キラーパス(トス)を出す。

根性。

泣く。

味方(後輩)を叱咤激励する。

苗字(ここ笑うとこです)

今大会のW杯を観て感じました。

4年前のW杯は開催国ということで予選は免除され、地元の利で決勝トーナメントまで進めました。

ドイツ大会では3回目ということもあって、本当の意味での日本の真価が求められる大会でした。

アジア予選では劇的に勝ち抜き、本大会の出場権をつかんだが、日本にはまだW杯を勝ち抜く力はないということなのでしょう。

大会前の試合で、日本は得点力不足を露呈していました。

中田はそれを心配して、大会前から仲間にきびしく言って、叱咤激励していたのだが、チームメイトはそれを理解できませんでした。



女子バレーがアテネ五輪に出場したが、予選で燃え尽きてしまったのか、アテネでは勝てませんでした。

アテネ五輪出場権を獲得した時、あるスポーツ関係のTV番組にメンバーが出演。

戦いはこれからが本番なのに、メンバーがはしゃぎ過ぎているのを見て、ゲスト出演していた中田久美がCM中に「おまえらなー」(今そんなに喜んでどうすんのよ!)と釘を刺したのです。



日本代表はW杯という土俵で戦うには、まだまだ(精神、体、etc)力が備わっていないのだと思います。

ヒデには、もう4年頑張って欲しい。

久美は一度辞めたが、やり残したことがあると戻ってきました。

ヒデも戻ってきてくれれば、共通点がひとつ増えるのだけど。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-07-05 07:57 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧