ZIDANE

ジダンとマテラッツィが喧嘩両成敗ということで解決をみました。

私なりにこの問題について考えました。

サッカーでは後発国の日本人の感覚では中々理解できない問題だと思います。

サッカー先進国において、W杯は勝たなければならないスポーツにおける戦争のようなものなので、ルールぎりぎりであれば手段も選ばないで、「言葉で挑発して暴発を誘う」のもありなのでしょう。

あの局面でマテラッツィが何か言うのも、ジダンの愚かな行為も予測できたことですが、ジダンのように経験豊かな選手であれば、あのようなことはしないで受け流してほしかったです。

でもこんなことも含めてサッカー文化なんでしょうね。
 
過去に、98年はシメオネの挑発が原因でベッカムが退場した。

あの時、ベッカムはすぐに国へ帰れなかった。(マンUだったっけ?)

今回もイングランドのルーニーがポルトガルのロナウドの挑発に乗った。

やんちゃ坊主のルーニーはロナウドに復讐する気持らしいので、恐れをなしたロナウドはマンU~レアルマドリーへ移籍するようですね。

暴言で挑発して暴発させるのはサッカーではよくある手段。

だから、マテラッツィはしてやったりだったでしょうし、そのおかげ?で優勝できたイタリアは心から嬉しかったのでしょうね。国内はクラブチームの不祥事による粛清の嵐ですけどね。

高校野球の選手宣誓のような「正々堂々」が好きな日本人の感覚には理解できないですし、日本代表にはマネをしてもらいたくないです。

マテラッツィの言葉は、ジダンの家族に対しての侮辱的な言葉だったらしいですが、家族を尊敬し大事にするのも西欧の文化なのですね。

文化が違うので我々には到底理解できないし、日本じゃ「お前の母ちゃん出~べそ」って言われても頭突きはしないでしょう。多分。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-07-21 19:14 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧