市バスの中で

a0048609_452575.jpg

市バスに乗った時のことです。
赤信号でアイドリングストップする間、車内にメロディが流れます。
乗車する時、運転手にメロディが流れることを確かめて乗った知的障害の彼。
斜め向かいの座席に座ってうきうきしながら、信号で停まるのを待ち遠しそうにしている様子がとても微笑ましかった。

するとその時、隣合った女子大生の会話が耳に飛び込んで来ました。
「うざったい」
「消えてほしい」
「○○」
最後の一言は記事にするには堪えられない言葉でした。
美しい姿形の女性の口から出た聞くに堪えない蔑みの一言。
心の貧しい人が多いです。
この国の将来を憂える一瞬でした。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-09-26 04:52 | 日常 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧