滑稽だ

斎藤君が来ているのに

見ておかない手はないと

おばさんたちが大挙して見に来た。

もし自分の居住地に斎藤君が来たら、私も見に行くだろうな。

でも、私は斎藤君のポジションがピッチャーで、守備の時はマウンドに上がることを知っているよ。

高砂球場で並んだおばちゃんの中には、祐ちゃんがどこで守備をするのかも知らない人がいた。



斎藤君はそんなファンにもサービスをしてくれた。

ハンカチで顔をぬぐうパフォーマンスをしてくれたという。

その素直さがまたおばちゃんたちの心をくすぐる。



それにしても、何か変だよ。

おばちゃん、あんたの息子もかなりカッコいいし、立派な息子だよ。

甲子園では投げないけど。

だから祐ちゃんのような息子がほしいなんて言わないでおこうね。



一人の斎藤君に戻れる時は来るのだろうか?

かわいそうにと思うのはこのおばちゃんだけ?
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-04 18:23 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧