ファンは納得していません

ドラゴンズファンは何て物分りが良いのでしょう。

札幌から帰る選手を空港まで迎えに出て、「感動をありがとう」

冗談じゃない。

少なくとも私は納得していません。

何年待ったと思っているんですか?

昭和49(1974)年以来ですよ。

2年前落合監督での始めてのリーグ優勝の時は仕方がなかったが、今回は必ず勝てると信じていました。

札幌での3試合。

マウンドには毎日違うピッチャーが上がっていましたが、

ずっと同じビデオを見せられているみたいでした。

ピッチャーは、岡本を除いてはいいピッチングをしたと思います。

デイフェンスは良かったのですが、オフェンスが悪すぎました。

(後で書き加えました)デイフェンスでも谷繁の野選、井端、英智のエラー等、細かいミスも目立ちました。

点を取るための何の工夫もなかったのでしょうか?

同じシーンの繰り返しでした。

情けなくて情けなくて、悔しくて悔しくて

優勝が決まった試合ではセギノールの2ランホームランが出た時とうとうTVを消しました。

10時30分には、ふて寝をしました。

アレックスのレフトフライは年末まで何度も見せられるでしょう。

戦犯谷繁は新庄の美談の主になっている場合じゃないでしょう。

悔しいついでに言わせて貰います。

NHKBS放送がある日はNHKを観ましたが、そうじゃない日は仕方がなくTV朝日を観ていました。

TV朝日の中継はCMばかりで、特に中日の攻撃の前などはCMが長すぎて、2人ぐらい打席に立ってからようやく放送が始まる始末でした。



確かに日本ハムはそつのない攻撃をするいいチームでした。

でも中日ドラゴンズも同じように良いチームのはずです。

このシリーズは1試合目を除いて全くらしさがありませんでした。

もっといい試合を期待していましたが、全く期待はずれでした。

引退する新庄、ピッコロ大魔王の森本、サムライ小笠原、若いダルビッシュ、監督批判をした金村など話題の選手たちの引き立て役になってしまいました。

ドラゴンズを愛すればこそあえて苦言を呈します。

悔しいと思ってください。

そして必ず来年こそは日本一になってください。
[PR]
by spremuta-arancia | 2006-10-27 21:51 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧