スケープゴート?

また、若い野球選手が身勝手な大人たちの犠牲になって、野球の機会を逃すことになりそう。

明治大学在学中(現在楽天)の一場投手のに巨人が「栄養費」と称して金銭を供与していたのはまだ記憶に新しい。

今回、何故東京ガスの木村雄太君だけが、名前も顔も出して記者会見をさせられて早稲田大学在学中の彼は、明らかにならないのでしょうか?

マスコミが詰め掛ける早稲田大学野球部には斉藤佑樹くんもいて、応武篤良監督も対応が大変です。

将来ある木村君がスケープゴートになって、野球を諦めなくてはならないことになってしまったらとても気の毒です。

親がまだまだ働ける年齢なのに、子どもが親の生活の面倒を看るのは逆です。

ものになるかどうかわからないのを当てにして球団が親に金銭を供与するなんて。

実力の世界において、力がある人が力を発揮して能力に見合う収入を得てこそ(プロ野球界の年棒が馬鹿高いことはとりあえずおいといて)真の市場原理です。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-03-12 15:09 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧