ウィーン

9/17ウィーン晴れ22℃
華麗なるハプスブルク家のオーストリアを見る旅です。

ホテル近くの地下鉄の駅Rochusgassロフスガッセ駅からU3で1駅。

Landstabel Wien Mittleウィーンミッテ駅で乗り換え。

U4でSchonbrunn駅シェンブルン駅で下車。

宮殿の庭の丘の上に建つグロリエッテから見たの夏の王宮シェンブルン宮殿。
a0048609_14242860.jpg


オーストリアを統治したハプスブルク家は1276年から1918年まで640年間続いた。

マリア・テレジア(1741~80)オーストリアの基礎を作った辣腕女帝

父カール6世がから王位に継承したとき23歳。

すでに結婚していて3人の子持ち。

生涯に16人の子どもを産みながら女王として君臨し、オーストリアをヨーロッパの列強国とした。

エリーザベト(愛称シシィ)

フランツ・ヨーゼフ1世の美貌の皇后。

望まれて結婚するが、嫁ぎ先のハプスブルク家では姑ゾフィ大公妃の嫁いびりと堅苦しい宮廷のしきたりに、旅行ばかりするようになり、保養先のレマン湖でアナーキストに暗殺される。
[PR]
by spremuta-arancia | 2007-09-25 14:17 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧