番外編

彦根城開城400年記念イベントのキャラクター

ひこにゃん
a0048609_1814239.jpg


と並んで、さこにゃんやみつにゃんがあると聞き、探しました。

酒屋さんにお酒と並べてストラップやピンバッチがありました。

島左近「三成に過ぎたるものが二つあり。島の左近と佐和山の城」

さこにゃん=島左近

みつにゃん=石田三成(はじめはいしにゃんだったらしい)

他にも

やちにゃん=弥千代姫(井伊直弼の姫で高松に輿入れした)

ひごにゃん=加藤清正

たににゃん=大谷吉継

がもにゃん=蒲生氏郷

蒲生は関係あるけど、ひごにゃんとたににゃんは彦根とはあまり関係ないね。

留まるところを知りません。

なぜ「ネコ」か
江戸の豪徳寺で彦根藩2代目藩主の井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に手招きをする白猫を見て近寄ったところ、その大木に落雷があった。
直孝はこの猫に感謝し、後に豪徳寺を井伊氏の菩提寺とした。
この白猫の伝説(いわゆる招き猫発祥伝説)から決定された。
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-02-12 15:28 | 旅行 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧