地域格差

記事

一昨年娘と一緒に旅行した時に感じたのですが、松山という街は古いものと新しいものとが融和していてとても素敵な街だなと思っていました。

「坂の上の雲」が大河ドラマになるという話もあるそうです。

この辺は不確か情報にて(ごめんなさい)

何故、突然こんな話を載せるのかというと

地域の福祉を推進するための研修会に通訳として参加。

まず、福祉専門の大学の先生の講演を聞き、

そのあとのグループワークで

①今、自分が住んでいる町のこんなところは自慢できる。

②こんなところは問題だ。

③こうしたらいいと思う。

④問題解決のためのこんなことなら自分にもできそうだ。

発表し合い模造紙に記入しました。

NHKの番組「ご近所の底力」のような研修会でした。

地域に根ざして住み続けたい町にしようというのが狙いです。

街づくりは昔は横並びではなければならなかったが

現在は地域特区という改革のおかげで

元気のある街とそうでない街ではっきりと違いがでてきた。

例えば介護保険料や国民健康保険料の金額

子どもの医療費

敬老パス

など、地域間格差がある。

そんなことで、特区というのを何気なくインターネットで見ていたら

観光で活性化をしている特区として

松山が出てきたという訳です。

夏目漱石と正岡子規、秋山兄弟のふるさと。

もう一度訪れてみたい街です。
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-02-25 18:03 | 日常 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧