後期高齢者医療制度(2)

この制度が始まって混乱しているようです。

長い間働いて年金で

かつかつの生活をしておられるお年寄りはとてもお気の毒と思います

その反面、大事な年金をくいものにして

天下りして多額の退職金を手にしてのうのうとしている

人たちがいるのは許せません

しかし、高齢者医療費がかさみ赤字であるのも事実です

これをなんとか解決しなくてはならないということで

2年前に国会(委員会で強行採決)で成立した法律に沿って

この春から施行された制度です

それを国会で決めた人たちは私たちが選挙で選んだ議員たちです

年寄りいじめだとマスコミが騒いでいますが

マスコミの人たちがお年寄りに代わって払ってあげてもいいと思って騒いでいるのでしょうか?

赤字の解消のためには誰かがお金を払わなくちゃなりません

お年寄りが払わないのなら税金から補填する

つまり現役の人たちが払うことになります

お年寄りたちが年金から天引きされるのを怒るのは払いたくないから怒るのですか?

払うつもりでいるならわざわざ役所へ行かなくて手間が省けていいですよ

高齢者の医療費がかさむのは

今までは医療費が安かった

気軽に風邪程度でも医療機関にかかっていた

複数の医療機関にかかっていた

薬だけもらって飲んでいなかった

こんな状況を見直すよい機会でもあります

ですから、もし保険料を払わずに医療を受け続けようと思うのなら

医療費負担分を増やすか

医療そのものを受けることを止めるしかないでしょう。

蛇足ですが

長い間かけてきて受け取る年金は

77歳でそれまでにかけていた分の元が取れるらしいです

今回の制度の対象者は元は取った人です

長生きするなら年金だけでは暮せないことを肝に銘じて

おかなければいけませんね。
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-04-17 07:00 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧