プロパガンダ

長野での聖火リレーの様子を見ていると

スタート地点では日本人の一般人は締め出され

中国大使館の人とマスコミ関係者に見送られ第一走者の星野さんが出発

沿道では

中国からの留学生たちかどうか知らないが

長野の町が赤い旗で埋め尽くされ

走者の隣の中国人の警備の走者は慇懃無礼なほどにこやかで

聖火リレーが如何にも粛々と行われているかのように映り

赤い旗の中国人は「長野の町ありがとう」とメモに書いていたが

(それは明らかに)中国本土ではプロパガンダ用だ

ニュース報道によると

多少の小競り合いがあったが粛々と終えたということだ

ただし長野市民の感想によると

中国人たちはごみを片付けもしないで

騒々しく嵐のように去って行ったという

やはり民度の低い国である

中国はオリンピックは国威発揚と捉えていて

堂々と聖火リレーをし遂げたよ

と言いたいのだろうから

長野県警はその要求に答えるべく多くの税金を使い

長野県人に不便な思いをさせて、全く損な役回りを務め

お疲れ様でしたが、

実に不愉快な聖火リレーだった。

(私の町の隣の大きな公園も最近はごみが多い。日本人としては恥ずかしいかぎり)
[PR]
Commented by kurabou at 2008-04-28 19:52 x
想定の範囲内では平穏に終わりましたが、五輪開催国の国民が大量に動員されて、他国地の聖火リレーを応援するというのには違和感を感じます。
Commented by spremuta-arancia at 2008-04-29 06:08
あの人たちは大勢で行動している時は実にやかましくて鬱陶しい。
一時代前のノウキョウみたいかも?
by spremuta-arancia | 2008-04-27 22:59 | ニュース | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧