前代未聞

オーティズまるで草野球 グラブ投げて三塁打…ロッテ


スポーツ報知 - 2008/5/5 8:01

◆ロッテ0-4西武(4日・千葉マリン) 前代未聞の珍プレーが飛び出した。
5回、ロッテの二塁手・オーティズが、西武・栗山の一、二塁間の打球にグラブを投げつけて止める暴挙に出た。
野球規則によって三塁打となり、結果的に貴重な追加点を献上。
怒り心頭のバレンタイン監督が、ベンチで本人に“事情聴取”する事態に発展した。
このプレーで反撃ムードに水を差されたロッテは、完封負けで再び借金1となった。

 開いた口がふさがらない。オーティズが、スナップを効かせて投げたのは白球ではなかった。

 5回、先頭・栗山の一、二塁間への鋭い打球は一塁手・ズレータのミットをはじき、右翼方向へ転々。
打球を追った背番号4は、おもむろにグラブを右手に持ち替え、ボールめがけて投げ下ろした。


子どもの頃に三角ベースをやっていた時「投げ当てあり?」

「うん。あり」

ランナーにボールをぶつけて「アウト!」

こんなことはあったが、

ころがるボールにグラブをぶつけるのなんぞ

初めてだ。

しかもプロ野球で
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-05-06 12:11 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧