スピード社の水着

スピード社製水着について、北島は「いい評判しか聞かない。興味を持つのは当然」と語ったが、ミズノとの契約もあって歯切れは悪い。
「なるようにしかならない。あまり水泳に関心のない人まで、聞いてくる。正直に言ってうっとうしい」と、困惑した様子だった。


当初上記のように語っていた北島康介

競泳の北京五輪代表選手壮行会を兼ねたジャパンオープンは第1日の6日、東京辰巳国際水泳場で10種目の決勝を行い、
スピード社の水着「レーザーレーサー(LR)」を着用した北京五輪代表選手のうち5人が日本新記録をマークした。


実際にスピード社製水着を着用し日本新をたたき出したらしい

気持ちは複雑だろう

「泳ぐのは僕だ」

それに山本化学工業の水着はどうなっちゃったの?

選手の活躍より水着の方にスポーツ記者も観客も関心をもつのはよろしくない

LRを着用せずに出場してもし負ければ着用を許可しなかった水連の責任と言うだろう

着用しなかったから勝てなかった

マスコミは書きたて

もしLRを着用許可したら、

誰は着用する

誰は着用しない

LR着用許可して勝てなかったら

着用したのに勝てなかったのはなぜか?

などと書くだろうか

現に昨日の壮行会だけでも、誰と誰は日本新を出したけど

誰と誰は出せなかった

なんて書き方をしているし

アデイダス社とデサント社とミズノ社

を着たときのタイムを表にして比較している。

ばっかじゃなかろかルンバ

そんな風にマスコミに書かれると考えると一人のファンにすぎない私もとても複雑なものがある

選手の皆さん自分のために頑張ってね。

古橋広之進さんのコメントがふるっている

「昔はふんどし1丁で泳いだものだ。水着でそんなにかわるものかね?」
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-06-07 07:13 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧