意外な盲点

ソフトバンクのCM

白戸家の話は面白い

人間の家族で犬が父親なんてありえないが、

私たち健聴者は声が聞こえる

父親の声が聞こえる

ので面白いと思って見ている

このCMは全て聞こえるのが前提になってできている

今や聞こえない人たちにとって携帯は欠くべからざる存在だ

メールのおかげで世界が変わったと言っても言い過ぎではないだろう

そして聞こえない人たちの多くがソフトバンクの携帯を持っている

ソフトバンクにとって上得意様のはずである

その上得意様にこのCMの面白さが伝わっていない

犬が吠えているだけにしか見えない

くどいが聞こえる私たちには北大路欣也さんの声が聞こえるから

ありえない話だけど犬が父親で、学校の教頭だと理解している

先般聞こえない友人からこの話を聞くまではただの愉快なCMだと思っていた。

ソフトバンクのCMの白い犬は可愛いペットだなぁと思っていたが

ムスメ(聞こえる方です)からこのCMの本当の意味を聞いて驚いた

字幕があったら私たちにもこのCMが楽しめたのに


そして、聞こえない人たちの情報提供に少しでも役に立とうとしているつもりの

私たちが彼女から聞くまでは「あっそうか」

全く気が付いていなかった

なんと恥ずかしいことだ

身が細る思いで彼女の話を聞いた
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-06-13 15:36 | 日常 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧