真意が読めない

加藤氏「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった」と発言 家族会・救う会が抗議声明


自民党の加藤紘一元幹事長が拉致被害者5人について「国家と国家の約束だから北朝鮮に返すべきだった」と発言。

 加藤氏は7日夜のBS番組で、小泉純一郎首相(当時)が訪朝した平成14年秋、拉致被害者5人が帰国した際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを
「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。

返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。
そこが外交感覚の差だ」などと発言。
金正日総書記が拉致問題を認め、謝罪したことについても
「天皇陛下みたいなポジションにいる人物だ」と述べた。


加藤氏の真意をはかりかねる。

拉致被害者全員を戻してもらうため、折角戻ってきた5人を一度北朝鮮へ帰し外交カードとして使った方がよかったと考えているのか?

北朝鮮が約束を守る国だと本気で考えているのか?

そして最後の発言

一度は総裁候補とまで言われ、森総理の時代、

「加藤の乱」なるものを起こした自民党の加藤紘一議員が

本当にこんなことを言ったのか?

何のために?

わからない

さっぱりわからない

わかることはただひとつ

これで加藤氏の政治生命は終わったということ(終わってたか?)

安倍さんに「百害あって利権あり」って

(あんたに言われたくないワイと思っているだろう)

こっぴどく言われていた山崎拓さん

加藤紘一さん

二人合わせてKYだ。

「加藤の乱」

ウィキで調べてみた

政治の世界は狐と狸とむじなが棲む

闇の世界のようだ
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-07-10 14:39 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧