これこそ夜も眠れない

植田監督五輪重圧!?不眠症で欧州遠征断念


4大会ぶりの五輪出場を決めたバレーボール男子代表の植田辰哉監督(43)が睡眠障害に陥っている疑いがあることが9日、分かった。
極度の疲労と重圧で、6月下旬から1日平均2~3時間しか眠れていないという。

日本協会と話し合った結果、休息を取るためにも、急きょWLポーランド大会への帯同をキャンセル。
その間は代表チームをコーチ陣に任せ、近日中に精密検査を受ける。
しかし、代表の主力が集まる13日からの大阪合宿には参加。
19日のWL大阪大会で再び指揮を執る予定だ。

眠れない時間に考えてしまうのは、バレーボールのことばかりだ。
「検査結果が悪くても、もう行くしかないでしょ。五輪で倒れたら本望です。
命にかかわることはないと思うし、選手も体を痛めながら戦っているから」。
ボロボロの心と体を、メダル獲得の執念だけが支えているようだ。


何不自由なく食べれて何もかも人の助けなしにできるのに、
不平不満ばかりためこんで

夜も寝られんという御仁を一人知っているが

植田監督こそ今は夜も寝られないのだろう

気の毒に
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-07-10 15:34 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧