鶴瓶の家族に乾杯

ベトナム編を見た

スイーツ親方として有名な芝田山親方と一緒

貧しい宝くじ売りの少女家族を訪ねた

身体の弱い母を助けて

昼は仕事夜は勉強する15歳の少女

こんな時代日本にもあった

収録後鶴瓶に向けての少女のビデオ便りを見て泣いた

鶴瓶が言った「豊かって何なの?」

その次に「豊かになると心が貧しくなるの?」の言葉がきそう

芝田山親方がまわしを持って行った

少年たちにまわしを締めて相撲を教えた(スカウト?)

ビデオ便りではその少年たちが相撲をとって遊んでいた様子が可愛かった

いい家族像がそこにはあった


家族に迷惑をかけてやろうと犯罪を犯す日本の青少年

格差社会の罪と罰と分析好きの評論家が言うが

甘ったれている

貧しい時代はこんな事件はなかった

親に面倒かけてきた若者が

自分自身の努力不足を

社会のせいとか家族のせいとか

誰でもいいから傷つけてやろうと

自分と同じような年頃の何の罪もない若者に刃を向ける

マスコミやblogに一部同情する意見が載る

なぜ自分を追い込んだ親や会社でなく無辜の市民に刃を向ける?

こんな身勝手な犯罪を犯す人に同情などする必要はない

これ以上犯罪は起きてほしくはないが

同じような犯罪を犯す若者が続けて出た時

それまで同情的だったマスコミも全否定に方向転換するに違いない
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-07-30 09:50 | 家族 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧