終わったね

日本プロ野球はたかをくくっていたのだろう

星野さんは行く時は

日本野球の強さを見せ付けてやるんだ

と意気揚々と出掛けて行った

無様に負けたことをどう説明するのかみものである

西武がメンタルケア GG佐藤DH佐藤に?

G・G・佐藤を気遣う渡辺監督

 首位を独走する西武に難題が浮上した。
西武の渡辺監督は北京五輪準決勝、3位決定戦で計3失策を犯したG・G・佐藤について不安を隠せなかった。
守備には自信を持っていた。
「守れないとレギュラーじゃない」と豪語するように、外野での失策は通算266試合でわずか2。それが大舞台の2試合で、その数を超える失策を演じただけに、ショックは計り知れない。
「心が相当やられていると思う。心配だなぁ。(26日楽天戦から)合流はさせるけど、すぐに試合に出すかは分からない。まずは本人の様子を見てから」
 球団も傷心の大砲にできる限りのサポートをする。
鉾山メンタルトレーナーと相談し、自らの好守ばかりを20分程度に編集した映像を見続けることによって失った自信を取り戻す“心の治療”を行う方針。
また、当面はDHでの出場も検討するなど慎重にケアを続けていく構えだ。


可愛そうにG・G・佐藤もエラーをして落ち込んでいるらしい

上原投手も今後代表チームの話が来ても断るらしい

わがドラゴンズの4人の選手も深い痛手を受けて帰ってくる

フォローをしてやってね落合さん。

アメリカの選手はここ(日本との三位決定戦)で負けたら帰れない
どうしよう
と本気で思っていたらしい

帰る国があって、帰ったらそれなりの仕事が待っている日本プロ野球の選手と

マイナーやトリプルAから出て行っているアメリカの選手ではモチベーションが違っていたのでしょうかね?
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-08-24 11:47 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧