続、総括

あまり、マスコミが金メダルを獲ったソフトボールに比べ星野ジャパンがふがいなかった

と言うもんだから

へそ曲がりの虫がむくむくと起きてきちゃった

斉藤春香監督は上野由岐子と心中する

と言って動かなかった

それはある意味潔くもあったが大きな賭けでもあった

投手力およびディフェンスは素晴らしいものがあった

上野由岐子はバックを信じて投げた。

バックもよく守った。

しかし、オフェンスは相手ピッチャーがいいので、打てないのは仕方ないにしてもイマイチ工夫が足りなかった

特にオーストラリア戦の延長戦におけるタイブレークの場面

ノーアウトランナーセカンドから始まる

プレイボールの声がかかると同時にセカンドランナーが少し離塁して

キャッチャーからの牽制球に刺されタッチアウト

別のイニングではバントがキャッチャーの真正面過ぎてサードで憤死

攻めがちぐはぐだった

それでも、やっと1点取ったと思ったら次の回で同点にされ

(それも2人目は無茶な走塁死もっと慎重に攻めていたら2点目も取れていた)

またまた延長戦が続くことになる

その度に「あ~ぁ、バカ」宇津木さんが叫んだ

長い試合にいらいらした

負けるかもしれないと思った

でも、なんとか勝って

決勝戦に臨んだ

上野がよく投げバックがよく守った

動かなかった斎藤監督の勝ちである

もし、3連投させた上野が打たれたら、斎藤監督はマスコミに叩かれていただろう

勝てば官軍である
[PR]
Commented by kurabou at 2008-08-26 22:01 x
星野がダルビッシュを先発3連投させたら勝っても負けても非難轟々でしょうね。
Commented by spremuta-arancia at 2008-08-27 06:29
勝っていたら非難はされないのじゃない?肩でも壊したら別だけど!
中日以外の選手のことは心配しないようにしているから!(あっ!ムネリンは別

by spremuta-arancia | 2008-08-26 09:28 | スポーツ | Comments(2)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧