石井慧選手

石井の発言にヒヤヒヤ…全柔連が取材止めた

篠原さんが石井はしゃべらせない方がいいですね

なんて言っていたがその通りになったようだ

北京五輪日本選手団の解団式が26日に都内で行われ、349人が出席。
金メダリストともなれば帰国後はテレビ出演が相次ぐものだが、
石井は「自分では受けるつもりで予定を空けていたのに、
ストップがかかってしまった。
専門誌の取材しか入っていません」と寂しそうに明かした。

 これまでも自由奔放な発言で周囲をヒヤヒヤさせてきた石井。
生放送では何が起きるか分からないだけに、全柔連がストップをかけた形だ。
この日も「ゆっくり休めましたか?」の問いに「ボクが休むのは死ぬ時です」と返答。
戦国武将・上杉謙信の生まれ変わりを自任する21歳は、どこまでもわが道を行く。


石井しゃべりも“黒帯”でもTVなし

テレビ出演させてくれ! 
北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの石井慧は都内で行われた日本選手団の解団式に出席した。
17日の帰国後、テレビ生出演はゼロ。
日本男子監督であり、大学の斉藤仁総監督(47)ら首脳陣が、石井の奔放な言動を危うく思い、出演を自粛させているとみられる。
石井はしゃべりでも勝負できるところをみせたいと訴え、解団式後に行われた首相表敬訪問などでも、ユニーク発言を連発した。
 
「テレビ(生出演)が1つもないんっすよ。テレビにもっと出たい」。
他のメダリストが続々とテレビ出演しているなか、8月末までのスケジュールに1つもなし。
取材予定には、専門誌である「近代柔道」の名前だけが書かれていたという。
 
北京から帰国後、取材などの予定が分かると聞き「前々から楽しみにしていた」。
しかし、フタを開けてみるとテレビ出演ゼロ。
畳の上だけでなく「しゃべりも実力を見せたかったのに」とショックを受けた。
全柔連によれば、石井にも複数のテレビ出演依頼がきていたという。
だが、金メダル獲得直後のインタビューでの「屁(へ)の突っ張りにもなりません」
「遊びたいです」
発言に代表される奔放な言動を危うく思い、斉藤監督ら首脳陣がテレビ出演にストップをかけているとみられる。
 
普通の選手なら、表向きだけでもしおらしくなるものだが、石井は違った。
他のメダリストとともに首相官邸に赴く前には「福田首相とゆとり教育のことを話したい」と予期せぬコメント。
官邸では「斉藤監督が(その場に)いなかったからプレッシャーなく」自ら首相に握手を求めて笑いを誘い、
「握手して首相のすべてが分かった。純粋さが伝わってきた。腹黒くないので人気が出ないのではないか」とユニークな分析を報道陣に披露した。


この国は規格からはみ出た人が生きにくい国です 
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-08-27 14:28 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧