どまつり

非日常でした
a0048609_6351646.jpg


正面はたいへんな観客の数

やっと横から写真が撮れました

フィナーレです

一昨日は雨

昨日は一転して快晴

今日は完全休養日です

裏方で参加は初めてです

10年前にスタートしたどまつり

207チーム参加するすごい祭りになりました

演舞会場もメイン会場を含めて20会場に増え

演舞するチームの割り振りなど準備も大変です

初めての年から名古屋の大学生が中心になって運営してきました

裏方に参加してみて

どうやらイベントのプロって仕事があるようで

「まいて」「のばして」と指示をするデレクター出す指示に従い

インカムで連絡を取りながら、分刻み、秒刻みのスケジュールで

現場が動いていました

昨晩、このイベントの中でもメインのメインのファイナルコンテスト

最高に緊張する中盛大に開催された

終わってほっとする学生たち

日頃、何も知らない

やる気がない

と批判される若者が多いが

ここには前向きでやる気満々な若者たちが多くいました

難を言えば

失敗をしたら後がないという悲愴感でもあるかのように

ノビノビ感よりピリピリ感が伝わってきて

お手伝いする私も胃が痛くなる思いでした
[PR]
Commented by kurabou at 2008-09-01 19:48 x
それはそれはご苦労様でした。
Commented by マコロン at 2008-09-01 20:05 x
色んな事 やってますね あなたは 怪人二十面相か どまつりも あんまりマスコミが取り上げないように思いますが
どうして 裏がありそうだな(1社独占とか)僕は 前のも言った様な気がしますが
衣装が気にいらんな~


Commented by spremuta-arancia at 2008-09-01 22:28
ありがとうございました。
大変でしたが、それなりに達成感があるので…
>(1社独占とか)どこが?
それとも、やっかみ?
Commented by ノリちゃん at 2008-09-02 13:29 x
ほんとうにお疲れ様でした。
エンゼル広場では「どまつり」、久屋大通公園は「24時間テレビ」とにぎやかな栄でしたね。
テレビで「どまつり」少し観戦、福祉大学のがすごかった。
なんでも一生懸命になれるものがあるのは、生きているっていう感じがしていいものなのです。
好きか嫌いかの個人差はありますが‥‥‥
姑の入院していたリハビリ病院の前でパレードがあったときは、患者さんたちが病院の前に車椅子で応援しました。
みんなが一生懸命踊るのを見て、元気をもらえたようでした。
一緒に掛け声をかけたりして、興奮してましたよ。
大声出して体を動かすと、きっとスカッとするんでしょう。
年々大声を出すことも、おもいっきり体を動かすことも少なくなり、また出来なくなってます。
Commented by spremuta-arancia at 2008-09-02 23:39
ありがとう。確かに疲れました。
緊張する場面での通訳は勘弁してもらおう
by spremuta-arancia | 2008-09-01 06:35 | 日常 | Comments(5)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧