大相撲の八百長問題

「週刊現代」を読むつもりはさらさらない

大相撲の八百長問題に関して一言

無気力相撲があるとか

給金相撲(勝ち越しのかかった相撲)についてお互いに星のやり取りがある

と言われる

千秋楽、すでに先に8勝した人と7勝7敗の人と当たる時は

決まって7勝の人が勝つ

たしかにある

金銭の授受のない取引(?)は

大相撲でなくても、プロ野球でもある

例えば、あと1本3塁打がでればサイクル安打になるという場面、2塁打性の当たりで3塁まで走った時3塁手は敢えてタッチしないとか

リードしているのに、好投しているピッチャーを敢えて途中で降板させて
あと一つ勝てば最多勝利というピッチャーを登板させて勝利投手にしてやるとか

首位打者のかかっている打者を1打席目でヒット打った後引っ込めて交代させるとか

武士の情けっていうのかな。こういうのあるでしょ

野球でもサッカーでも観ていてつまらない試合、金返せという試合はある

観客からお金を取ってやる興行だから

本来はあってはいけないことなのだろうが

でも、今日は入場料の2倍分くらい面白い試合をみせてもらった

というときもあるのでトントンだ

金銭の授受があってはいけないが

人間のやることだ

無気力な試合はどんなプロスポーツにもあると思う
[PR]
Commented by kurabou at 2008-10-14 09:37 x
相撲協会の弁護をするつもりはありませんが、週刊誌側の証人の質が悪すぎます。
Commented by spremuta-arancia at 2008-10-14 09:57
「週刊現代」って講談社ですよね。こんなに質の低い出版社でしたっけ?
Commented by kurabou at 2008-10-14 12:56 x
私は右寄りの「週刊新潮」を好みますが、しょせん週刊誌トいうことではないでしょうか。
訴えられても、騒ぎが大きくなるほど売れて元は取れると・・・。
Commented by spremuta-arancia at 2008-10-14 13:42
所詮週刊誌かぁ。成る程。
それを取り上げるTVのワイドショーも所詮ワイドショーなんだ。
by spremuta-arancia | 2008-10-14 08:48 | スポーツ | Comments(4)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧