昭和美術館

a0048609_18552934.jpg
a0048609_18555131.jpg
a0048609_18561040.jpg
お茶を一服
安南(ベトナム)の茶碗

昭和区の閑静な住宅地に、2,200坪の敷地、都会の中の自然林庭園を有する美術館。

庭園内の南山寿荘は茶室および書院で、 江戸時代名古屋尾頭坂あたり堀川沿い東岸に所在した、尾張藩家老渡辺兵庫規綱の別邸の一部とされている。
館蔵品(重文3点)の80%が茶道に 関するものである。

渡辺家は
徳川義直が尾張藩主になった時から

渡辺半蔵家
渡辺新左衛門家
その他の渡辺家

の三家がかわるがわる家老を務めていた

幕末の青松葉事件で渡辺家の渡辺新左衛門在綱が名古屋城二之丸にて処刑された。

10代藩主斉朝の時家老の渡辺規綱、致仕して、兵庫守と名乗る。
渡辺半蔵寧綱が、家督を相続。
規綱、剃髪して兵庫入道と名乗る。
茶人となった。
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-10-18 14:36 | 日本史 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧