ニュース

<ケニア人走者>「走るチャンスを」国外退去の窮地

故障のため所属実業団を解雇され、名古屋市の会社で働きながらレース復帰を目指していたケニア出身の男性ランナー2人が今月、名古屋入国管理局に収容された。
26日に岐阜県で行われたハーフマラソン大会にエントリーしていたが、走れなかった。
名古屋入国管理局は在留資格がないと判断している模様で、最終決定されれば、2人は国外退去となり、日本での競技生活の道を絶たれる。

2人はサイモン・マイナ・ムニさん(30)とジョセフ・モワウラ・カマウさん(20)。

 支援する尾張旭ランニングクラブ会長の渡辺隆秀さん(50)によると、サイモンさんは97年、ジョセフさんは03年に来日し、アマチュアスポーツ選手としての在留資格が認められた。
それぞれ愛知県と新潟県の実業団に所属、名古屋ハーフマラソン優勝(サイモンさん)、京都ハーフマラソン入賞(ジョセフさん)などの好成績を収めてきた。

しかし、昨年2人とも足を故障して実業団を解雇され、名古屋市港区の自動車部品会社に再就職。
2人を支援するため、会社は陸上部を作って日本陸上競技連盟に登録し、2人はアマ選手としての在留資格延長手続きを済ませ、今秋からのレース復帰を目指して愛知県内で練習に励んでいたという。


聞いたことのある名前のランナーです。

使い捨てで可愛そうです。

世知辛い世の中ですが、

何とかならないものでしょうか?
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-10-27 06:49 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧