じいは相変わらずです

骨折の経過は良好です

コルセット固定をちゃんと守っているからでしょう

本日、船橋に住む姉が来名しました

骨折の事件を聞いたからではなく、10月頃から予定していました

じいは10月も「ひんぱん」頻繁に姉に電話をかけていたようです

姉は前回来た時と同様、船橋へ引き取るつもりのないことを言おうとじいの施設を訪問しました

姉の顔を見たらじいはいきなり『何とかしてくれ』と言ったそうです

船橋へ行って同様の施設に入るにはまた300万円ほどまとまった入居一時金が要ります

お金が要るよ、もったいないでしょ、ということで説得しようと

「あなたが名古屋へ帰らせろと言い希望通り帰って来たのに、そこを出て別の施設へ入るなんて無駄じゃないの」

『そんなもんは要らん』

『ワシをお前の家へ引き取ってくれ』

『ワシをその辺に転がしておいてくれればいい』

「おじいさんが入れる部屋はないよ」

『T君(姉の息子です、自立しています)はどうしているのだ』

「一人でアパートを借りているよ」

『ワシをそこへ置いてくれんか』

「無理だよワンルームだもん」

無茶言うたらあかんわ

後は何を言っても押し問答

姉はアホらしくなって「もう帰るね」と言うと

『S男(姉の夫)君と相談しておいてくれ』

『この次来る時はワシの受け入れ態勢を整えて来てくれ』

などとほざいていたようですが

殆ど無視して帰ってきました

わざわざ休みをとって交通費も使って来たのに

「虚しかった。多分もう来ません」

と言ってました

先程、新幹線車中の人となりました
a0048609_18401392.jpg

[PR]
by spremuta-arancia | 2008-11-15 17:50 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧