高校陸上

記事

高校陸上界の強豪、宮城・仙台育英高を率いてきた渡辺高夫氏が同校出身の女子長距離のホープ、絹川愛選手の指導に専念するため、同校総監督を退任しました。
渡辺氏は1999年に陸上部監督に就任。全国高校駅伝で男子を6度優勝に導いたほか、絹川選手や北京五輪男子マラソンの金メダリスト、サムエル・ワンジル選手(ケニア)らを育ててきました。
3月に定年退職して総監督となった後は、絹川選手の指導に当たってきました。
今後は、絹川選手とともに活動拠点を仙台から東京に移すことになります。


早いもので、高校陸上のメーンイベント

全国高校駅伝の行われる師走です

夫は毎年駅伝の2週間ほど前に雑誌を買って事前準備、優勝校を予想しながら

TVで観るのを楽しみにしているのですが

最近は人が走るのを観るだけでなく

月に1度は各地で行われるランニング大会に出場していて

京都駅伝の行われる12月21日も

うっかり何かの大会にエントリしてしまいました

走友に何と言い訳して断ろうか悩んでいます

駅伝の日程を12月28日だと思い違いをしてしまったらしいのです

夫はランニング大会のエントリする時や

宿泊が必要な遠隔地の場合の宿も

インターネットで申し込みます

駅伝出場校に対する予想コメント、記録、感想コメントの表を

エクセルで作成するほどPCを駆使しているのに

長年の勘に頼って駅伝の日程を調べるのを怠ったのは不覚でした
[PR]
by spremuta-arancia | 2008-11-30 23:47 | スポーツ | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧