じいに関して

ここのところじいに関してのエントリがないので

心配してくれている方に、じいの近況をお伝えします。

年末12/31に施設を訪問した時には

『明日は医者へ行く日だろう』と日にちを1週間間違えており

施設で頂く三度三度の食事のことを『あんなもん、餌だわ』

『ワシは暇で暇で寂して寂して仕方がない。どうしてくれるんだ』

と言い放つなど相変わらず不穏当な発言が多いものの

総じて、じいは元気にして居ります。

『ワシには孫を含めて家族の訪問がない』と言うので

息子が「こうして孫が来ているじゃない」と言うと

『違う。他の家族は小さい子供が来ている』

「それは無理だよ。僕はこんなに大きく(29歳独身)なってしまった」

無理なことは仕方ないでしょ。

一週間経過し

昨日は本当に整形外科へ通院の日でした。

自分に来た年賀状を持ってきて

『おまえの代筆でいいで返事を書いてくれ』と

私に頼みましたが

私は「自分で書くように」と断りました。

『ワシは字が書けんでいかん』と言います。

「相手は、おじいさんがもう93歳で字が書けないことはわかって出してくれている人たちばかりだ。
返事を出さなくても、何とも思わないだろう。
もし、どうしても出したければミミズの這ったような字でも構わないから、自分で書けばいい。」

と突っぱねました。

じいは、それ以上は何も言いませんでした

そして、今日施設のケアマネさんから介護認定の見直しの結果が出たと電話がありました。

「要支援2→要介護1」に格上げ?

最近は自室に篭もる事が少なくなり、エレベーター付近のソファに腰掛けておしゃべりしたり、居眠りしたりしていることが多いそうです。

中々いい傾向です。

このまま続くとよいのですが…
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-01-09 19:07 | じい関連 | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧