東京でも

救急隊、搬送先病院を間違う=10分の遅れ、患者死亡-東京

東京消防庁の救急隊が10日、急病の女性(66)を病院に搬送する際、誤って受け入れ先とは別の病院に運んだことが25日、分かった。

女性は本来の病院に搬送されたが、死亡が確認された。

約10分の遅れが出たとみられ、同庁は遺族に謝罪した。
 
救急専門医らで構成する東京都メディカルコントロール委員会が、死亡との因果関係を調べている。


こちらは、勘違いして搬送先を間違えたらしい

残念ながら患者さんは死亡してしまった

因果関係はわからないが、不幸な結果に終わってしまった

 
[PR]
by spremuta-arancia | 2009-01-25 16:02 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧