私もやってる

股に手をはさんで寝るという人について

「股に手をはさむと、安心して眠れる」――こんな経験、ありませんか。

うつぶせは苦しいし、仰向けだと、落ち着かない。

横を向いて寝ると、手の置き場が気になって体の横にそわせてみたり、重ねてみたり……で、落ち着いたのが、「股の間」というわけ。

カラダが本来持っているリズムとして、

入眠時には「体温が高い」→「体温が低い」になるわけで、体温を下げるためには冷えて収縮した血管を温めて拡張する必要がある。

そのためには、カラダをあたためる=手足をあたたかくする必要があり、

冬場などは特に「冷え切った手をあたたかい股にはさむと、体温が上がって放熱する→眠れる」というしくみのようだ。


私もやっている

こうするとよく眠れる
[PR]
Commented by 禿げちゃびん at 2009-02-11 20:26 x
股間に手・・・・。!?小西得郎さん曰く・・何と申しませうか・・・。
本日も大江山也。オヤスミナサイ。
Commented by spremuta-arancia at 2009-02-12 08:12
ちゃびん様は幾つ?かと思うほど色んなことをご存知ですね。
最近は暖かいのでやりません。
Commented by kurabou at 2009-02-12 21:46 x
古代の人間は危険から身を守るため、(まるでゴルゴ13のように)利き手である右手を自由にするため左向きで眠ったそうです。
なら、仰向けで眠れば良いと思いませんか?
それはともかく、今でも人間にはその記憶があり、利き手を自由にして眠ると危険に備えて脳内が緊張状態になるそうです。
だから右向きに寝て利き手を封じてしまえばその緊張から解放されてぐっすり眠れる・・・という珍説です。
Commented by spremuta-arancia at 2009-02-13 00:01
kurabou 様
「ゴルゴ13」好きなんですか?ふうん。
地震とか災難から身を守るために手を股間にしまうのもありですね…。
by spremuta-arancia | 2009-02-11 07:23 | 日常 | Comments(4)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧