注目記事

聴力失った銀座クラブ人気ホステスが本出版で激白

歳10ヶ月で聴力を完全に失ったものの、
銀座のクラブで人気ホステスとして活躍中の斉藤里恵(25)が21日、
自叙伝「筆談ホステス」(光文社、1365円)を発売し、ZAKZAKの単独インタビューに応えた。

 これは聴覚障害を持つ青森一の不良娘が独自に編み出した
「筆談術」だけで銀座ナンバーワンホステスに成り上がる苦闘を描いた感涙必至の青春ストーリーだ。
青森の厳格な家庭に生まれ育った彼女は「幼少時の病気が原因で聴力を完全に失った」という。

 聴覚障害に端を発したトラブルなどから次第に落ちこぼれ酒、タバコ、盗みと転落コースをたどった彼女が見つけた生き抜くための職業、それが「筆談を駆使した」ホステスの仕事だったそう。

[PR]
by spremuta-arancia | 2009-05-22 06:59 | ニュース | Comments(0)

平凡だけど幸せな毎日を過ごすおばさんの日記


by spremuta-arancia
プロフィールを見る
画像一覧